Skip to content

家を買ってからの費用は?

こんにちは、寒い日が続きますが、春に向けて準備をしている人もいるかと思います。今回は、きちんと事前に知っておきたい、家を買ってからかかる税金の話などをしていきます。 ①「住宅ローン返済」について 住宅ローンの返済期間は一般的に最長35年といわれています。その範囲内で大体20年~35年を選択します。年2回のボーナス返済月には「通常の毎月返済額+ボーナス時加算額」分の返済をすることもできます。また、毎月のローン返済の他に、「繰り上げ返済」というものもあります。 毎月かかるものなので、月の収入と合わせて購入前に、計画を立てましょう。 ②「管理費・修繕積立金」について 新築マンション購入後は、毎月の住宅ローン返済以外に、管理費、修繕積立金、駐車場代をはじめ、固定資産税・都市計画税の税金、団体信用生命保険料・火災保険料の保険料などがかかります。修繕積立金とは、マンション等の管理組合が、その共用部分の計画的な修繕、臨時的な修繕を実施するために、組合員(区分所有者)から徴収するものです。ローンの返済の他にも、かかる費用をチェックしておきましょう。 ③「維持費用」について マンションの共用部分の維持管理は、管理費や修繕積立金で行われます。でも、住戸内(専有部分)の壁紙やフローリング、水まわり設備などの維持管理は、所有者が自分で行うことが多いみたいです。また、一戸建てもの場合でも、長く住むとなると、修繕費用は必要になります。リフォームができるように、費用の準備をしておきたいです。 金融機関が団体信用生命保険料や保証料を負担してくれるローンもあるようです。また、中古マンションや中古住宅の場合は、ローンを組むよりも、一括購入のほうがいいのかもしれませんね。こういったところも考えて、計画し、家を購入したいです。

Continue reading 家を買ってからの費用は?

下見のポイント!

前回は「さあ、家を見に行こう!」というその前に、 準備しておくことをお伝えしました。 今回は自分の目でしっかりとチェックしたい 下見のポイントをまとめたいと思います。 いよいよ不動産会社に行き、希望に合いそうな物件を紹介してもらい、 下見にでかけます。 室内の注意すべき点について5つ紹介します。 ①部屋の向き 部屋が日当たりや環境は生活に影響します。 物件が南に向いていても、そこに建物があれば昼間でも暗めかも知れません。 この時、あれば方位磁針を持って行ってもいいですね。 ②音とかにおい 生活する際にはにおいや音で隣人ともめたり、嫌気がさしたりする人も多いですね。 防音対策しているか、下水の匂いはしないか。。 これらは写真ではわかりません。下見でしっかりみたいですね。 ③壊れているものはないか 壁やカーペットのシミ、フローリングの傷、窓やドアの立て付け、など、実際に動かしてみましょう。 もし破損があれば入居前に直してもらえるか、もチェックです。 ④安心して暮らせるか  日本は地震大国ですよね。。。耐震強度は十分あるか、非常口はどこか、消火器の置き場所など、いざという時のために気にしましょう。 また、セキュリティは女性なら特に気になるかもしれませんね。 鍵の種類や、ベランダの柵の高さも確認して見ましょう。 ⑤設備 洗面台の有無、コンセントの数、収納は意外な落とし穴かも知れません。例えば、コンセントが少ないと、工夫して家電を配置することになりそうです。 いかかでしょうか?筆記用具と、メモ帳は最低限持って行きましょう。

Continue reading 下見のポイント!

不動産会社に行く前にすること!

前回は一戸建てかマンションかについてお伝えしましたので、 今回は部屋探しのコツとして、いきなり不動産会社に行かずに、 どんなことを準備したらいいのかを3つのテーマでざっくりとまとめてみます。 1まず引越しの時期について考えてみます。 時期がずらせるのならば、不動産が多忙期である12月〜3月は外す方が無難です。不動産側も忙しい時期なので、一人一人のお客さんに時間をかけられず、下見などに十分な時間を取れなくなるときもあるのです。。 2次に、情報収集と、こだわりポイントを見つけます! 探すときののチェック点をまとめてみますと、 家賃、管理費、設備、間取り、場所 があります。 通常、家賃は 副収入 や ボーナス などの臨時収入を除いた収入の3 分の 1 ~ 4 分の 1が目安とされています! たとえば、手取りの給与が 40 万円 の場合だと、 10万 ~ 13 万円…

Continue reading 不動産会社に行く前にすること!

一戸建かマンションか

こんにちは、前々回からマイホーム購入のための準備についてお話してきました。 今回は一戸建てかマンションかどちらがいいのかの考え方を書いていきます! 実際に物件をさがすとなると、何を基準に選ぶのかが大事です! まずはマンションと一戸建てのそれぞれのメリットを考えます! マンションのメリット ・同じ立地条件だと一戸建てよりも物件価格が安い傾向にある ・将来の修繕計画などが比較的しっかりしている ・空き巣や放火などセキュリティ面が守られている ・近所付き合いなどを積極的にすることで、他の居住者と生活面での協力をしやすい 一戸建てのメリット ・管理費や修繕積立金、駐車場代(または、駐車場管理費)などがかからない ・築年数が経過しても土地部分の価値があるため、資産価値はそれなりに残る ・一戸の家としての独立性が高いので、プライバシー面で優位性がある ・隣家と離れているほど、騒音面で神経質になる必要がない ・自由に増築や建て替えができる プライバシーとかは大事にしたいのですが、いざという時のために他の人と協力しやすいのは、マンションの方でしょうかね〜。 どちらも良し悪しでまだ決め切れませんね! 立地やランニングコストも考えていき、私の生活スタイルに照らし合わせてどちらがいいのか考えていけたらと思います!

Continue reading 一戸建かマンションか

マイホームのために信頼できる不動産と!

こんにちは。前回はマイホーム購入のための準備についてお話しさせてもらいましたが、 今回も突き詰めていきましょう!! マイホームと言ってもマンションにするのか、一戸建てにするのか悩ましいですよね。 よく便利さを求めるならマンションだなんて聞きますが やはり一戸建てにも憧れるのです。私はまだ独身なので家族はいませんが、いづれ結婚し 子どもができたら一戸建てがいいな~と思いますネ。 どっちにしろ夢のマイホーム購入のために 信頼できる不動産と契約したい! 信頼できる不動産会社を選ぶためには、宅建免許を取得している会社か確認した方がいいようです。免許の有無は、不動産が出している販売広告に、免許番号が書かれているかどうかで判断できるようです。意外と簡単に確かめられるんですね! 広告でなくても、事務所に行けば見ることができるようですよ。 安心してマイホーム購入するためには 不動産との信頼関係は大事ですよね。 チェックしてから契約の手続きをしようと思います。

Continue reading マイホームのために信頼できる不動産と!

マイホーム購入!?

こんにちは。これまで就活の攻略や会社についてお話して来ましたが、 今回はがらりと変わってマイホーム購入についてお話します!(笑) と、いうのも実は来春から転職することを考えていまして、、、 そのために家を購入しようと考えていWるわけなんです。 そこで、今回はマイホーム購入時にすべき下調べについてお話していきます。 後悔せずに家を買うために、購入前には注意すべき点がいくつかあるようです。 ①予算  自分地震と、また一緒に住む家族とよく話し合って決める必要があります。  住宅ローンを組むことを念頭において決めたほうが良さそうですね!  また、もし親が資金援助をしてくれるといった場合には贈与税というのがかかってしまうんです。  でも贈与税対策もできるみたいなので、ここもしっかり調べて備えたいですね! ②環境  会社に近いところや、買物がしやすいところ…など立地条件は大事にしたいものです。  それから、町内会などご近所付き合い関係も調べておいた方がよさそうです!  町内会費がとても高かったり、町内イベントを欠席すると罰金を課せられる所もあるとか。 ③現地見学  これは必須ですね。実際に行って見てみないと自分の想像と違っていることがあったら大変です。  後悔しないために面倒くさがらず絶対に現地見学には行きましょう! ④複数の物件を比較  複数の物件の現地見学に行って、比較してみるのも重要ですね。  物件はキープすることもできるようなので、焦らずじっくり悩んだ方がいいかもしれません。 こんな感じで今回はさらっと下調べの注意点を紹介してみました。 マイホーム購入は大きい買物ですからね!慎重に手続きを進めたいものです。

Continue reading マイホーム購入!?

給料から引かれる保険料の内訳は?

就職すると、毎月給料から保険料が引かれます。 その保険料の額がなかなか大きい。。。 なにがなんだかわからないお金が給料から差し引かれていると不安になりますよね。 「給料23万と最初に言ってたのから入社したのにそんなにもらってないよ!」 なんてことにならないように、保険料について学びましょう。 会社に入った時には、 ・「健康保険」 ・「厚生年金」 ・「介護保険」 に加入することになります。 それをまとめて「社会保険」と言います。 この社会保険料は、自分で払う必要はなく、 毎月の給料から会社が預かってまとめて払ってくれるのです。 更に、 保険料は会社が折半してくれるのです。 つまり、自分で支払うより随分とお得になっているのですね! 高いと思われている保険料ですが、日本は社会保険制度が非常に充実している割にとっても安い保険料で済んでいるんですよ。 アメリカなんて保険が高すぎて入らない人が多いです。そのため、怪我や病気の時には10割の負担なので恐ろしいですよね。 病院代が3割になるっていうのはとってもお得です! ですので、給料からひかれる保険料が高い!!なんて思わないでこの制度に感謝しましょう!

Continue reading 給料から引かれる保険料の内訳は?

月給制?年俸制?

こんばんは。 みなさんが希望する企業は月給制ですか?年俸制ですか? 給与形態で、人によっては向き不向きがあるみたいです。 月給とは、多分イメージしやすいと思うのですが、 毎月決まった額を給料日に支給されるというスタイルです。 夏と冬にボーナスがあるところが多いです。 そして、最近多くなってきた「年俸制」は、 一年の給与総額が年度によって決められ、 それを12分割して毎月支給されるというスタイルです。 ボーナスがある場合、12分割にボーナスも含まれているところが多いです。 そして、年俸制の会社に多いのが「年俸制にすれば残業代を払わなくてもよい」と勘違いしているところ。 また、「裁量労働制」という制度が生まれたことも年俸制は残業させ放題な空気を作る原因ですね。 裁量労働制とは、長時間残業しても一定時間はたらいたと「みなす」制度で、 「みなし残業代」として給料に含まれている、という企業も少なくないです。 つまり、残業代は決まった額もう給料に含まれていて、それ以上働いても残業代は出せないよ、でも働かなきゃ仕事終わらないよ、っていうことですね。 でも、法律的にはそんなことないんですよ! 「みなし残業代」が5時間ぶんだとして、8時間働いたら、3時間分は別に払われなくてはいけないのです。 法律を守らず社員を使い放題する会社も多いですから、 就職を考えるときには注意して企業を見てみる必要があります。 社畜になりたくなければ、労働環境を詳しく確認してみましょう!

Continue reading 月給制?年俸制?

面接の種類別・ポイント

面接はほぼ誰しもが緊張するものです。 しかも、面接には様々な形態(種類)があり、苦手なタイプの面接や、得意な形の面接もあると思います。 そこで、どんな種類があるのかまとめてみましょう。 ・集団面接 1次面接など先行の初期に行われることが多いです。 3~5人の学生に、だいたい一人10分の時間で面接をします。 質問は、全員に同じことをする場合もあれば、 個人個人指名でされる場合もあります。 「他の人と同じことを言ってはいけない」とテンパったり 「他の人と同じことを言ってはいけない」と考えすぎるあまり話すことを考えられなかったり 考えることに集中して他の人の話を全く聞いていないなど、、、怖いですね。 また、高学歴や好印象な人が他にいると比較して尻込んでしまうこともありあす。 怖い場所では一人より他に人がいる方が安心をうみますが 集団面接では他に人がいるというのは必ずしも安心をうむものではないですね。。 ・個人面接 面接官数人(または一人)に対して学生が一人の形です。 2次面接以降から取り入れられることが多いですね。 個人面接では、ひとつの質問を掘り下げて聞かれることが多いです。 時間は企業によって様々ですが、1時間のところもあれば20分以下の場合もあります。 その他に、 ・グループディスカッション ・リクルーター面接 などもあります。 自分のちからを出しきれるよう、少しでも本番の緊張を和らげましょう!

Continue reading 面接の種類別・ポイント

就活の心構え

今日は就活に関する二つの動画を紹介します! みなさん、就活狂想曲という動画をご存知ですか? 2013年頃話題になった動画です。 就活生のあるある、というか、日本の就活をそのまんま表しています。 芸術系の大学に通う人が作ったらしいのですが、 きっとその方も同じ経験をして、「日本の就活は滑稽だ」というアイロニーを込めてこの動画を作ったのでしょう。 就活に悩んでいる最中にみたら気持ちが重くなるかもしれませんが・・・ぜひ見てみてください。 この動画の中で主人公は「内定をもらうために」就活をしていますよね。 こんな内定をもらうためだけの就活に意味ってあるのでしょうか。 就活中、または就活を控えているみなさんにはこうならないでいただきたい・・・・! そして、次にこちらの動画を見てください。 株式会社オプトの新卒採用ムービーです。 こちらの動画は1本目の就活狂想曲とは違って、気持ちが前向きになれそうな動画ですね。 新卒採用ムービーでこんな社畜増産アピールもどうかと思いますが 仕事の「やりがい」について考えさせられる動画ですね。 みなさんは目の前の就活にいっぱいいっぱいになって 会社に入ってからのことは考えられていないのはないでしょうか? しかし、「入られればいい」と思って入った会社で何が出来るでしょうか。 「どうしてこの会社に入りたいのか」「入ってから何をしたいのか」 それを明確にできれば、面接も制するでしょうし、自然に就活は終わると思います。 仕事が始まってからのモチベーションも違うと思うので、一度義務的な就活を忘れて初心に帰ってみてください。

Continue reading 就活の心構え