Skip to content

第二回~履歴書~

さて、早速就活攻略についてのお話をしましょう!
就活において、最初に必要となる「履歴書」。
アルバイトをしたことのある人なら何度も書いているでしょうが、
就活となるとアルバイトと同じような履歴書では当然ダメ!ですよね。

履歴書に限らず、
就活で大事となるのは
具体性
簡潔に
根拠(論理的)

ズバッとビシッと語る!ということです。

これは、履歴書にも、エントリーシートにも、面接にも大事になってくることです。
というか、社会人として大事なことなのかもしれませんね。

学歴は変えられませんし、資格もすぐに新しいものを増やすのは無理です。

ですので、自分で変えられるところって志望動機、自己PR部分くらいじゃないですか。
そこでどれだけ他と差別化できるか!ってことです。

履歴書はまず、誤字脱字を絶対にしないことですね。
誤字脱字の多すぎる履歴書は内容も見られず切られます。
まぁコツではなく基本ですね!

そして志望動機欄。
志望動機欄で大事なのは、順序です。
・私はこう思います。(結論から述べる)
・なぜなら、こうだからです。(理由)
・なので、こうしたいです。(未来のビジョン)
こういう順序で、スキのないくらい論理的なことを述べられていればOKです。
個性をアピールしたいがために余計なことをペラペラと語りだすのは完全にOUTです。

自己PRなどでは、
・私は学生時代~~の分野に力をいれていて、100だったものを200にしました。(具体的な数字)
・~~の経験から私は~~や~~をなどを学びました。(学んだこと)
・ぜひ面接でお話させてください。(面接でのネタフリ)

具体的な数字を出すことは大事です。
「頑張った」や「優れていた」なんて誰にでも言えますから。
そして、大事なのは「何をしたか」ではなく「何をして、そこから何を学んだか」それが就活で大事になるところです。
そして、長くなりそうなら「面接で」という言葉を付け加えることによって、
面接でおこる「予想もしない質問」を減らすことができます。
つまり、自分で面接の質問を面接官に指定できるのです!
これなら準備もしやすいと思いませんか?

履歴書で面接を有利にしておきましょう。
面接につながったときにつじつまが合わなくなったりしないよう、できるだけ嘘はかかないことですね!

Published inUncategorized

Comments are closed.