Skip to content

住宅ローン減税について

こんにちは。前回は、金利優遇条件について書きましたが、今回は税金について書いてみたいと思います。

住宅ローン減税というのがあるのはご存知だと思いますが、新築物件ではなくても減税される場合があるのです。中古住宅やリフォームも条件はありますが、適用になる場合があるので、頭に入れておきたいですよね。

住宅ローン減税は10年間の長期にわたって、ローン残高と住宅取得対価のいずれか少ない方の金額の1パーセントが所得税の額から控除されるという制度です。
もし所得税で控除しきれなかった場合は、住民税からも一部控除されるそうです。長期でこれだけ税金が戻ってくるのはとてもうれしい制度と言えそうです。

固定資産税の支払いは痛いですが、住宅ローン減税のおかげで少し気持ちにゆとりができそうです。

10年間の総控除額は購入する物件によって300万円くらいになることもあるそう。何やら、「長期優良住宅であることが条件」というまた聞き慣れない「長期優良住宅」という言葉が。これについてはまた次回に。

Published inUncategorized

Comments are closed.