Skip to content

常日頃の気持ちから!

一度就職したら、
会社とは1年2年の付き合いではないというのは目に見えてますよね。
結婚や出産などライフイベントの際にどうなるかは別として
「もう仕事辞めたい・・・」なんてことになって辞めたり引き抜きがない限り、
就職した会社とは長いお付き合いになることがわかっているのです。

だからこそ、「自分にあった」ところに入るべきです。
「御社の◯◯なところが、自分の◯◯という希望と重なったので・・・」という回答が
嘘ではなく自然に出てくるようなところがベストですね。

逆に、会社的にも
「これから長い付き合いになる人」を選ぶわけです。
「一緒に仕事をしたい人」を選ぶわけです。
「顧客の前で会社を背負っていける人」を選ぶわけです。
「磨き甲斐がある人」を選ぶわけです。

なんとなく不潔な感じで、おどおど目を泳がせ、信念もなさそうな人に
「一緒に働きたい!」
「お客さんのところに連れて行きたい」
なんて思いませんよね。

ですから、自分のことでいっぱいいっぱいになっているのではだめです。
「自分が会社側だとして・・・・」ということを想定して受け答えを想像しておくのです。
受け答えを想像するだけではなく、身なりも、姿勢も、整えておきましょう。

姿勢や目線、声の発し方など
普段慣れていないことをすると必ず不自然になるに決まっています。
不自然な人を企業は「マニュアル就活生だな」と言って中身をみないこともあります。

就活で必要となる「ハキハキとした気持ちのいい態度」や「清潔な身なり」はどこにいっても必要とされます。
焦って練習するより常日頃意識して生活するようにしましょう。

Published inUncategorized

Comments are closed.